12kg太った私がやったこと

誰でも『女の子』として生まれてきたからには『ダイエット』という言葉に出会うのは運命のように思う。
それは不思議な言葉で、私たち女の子のとっては誰しもが経験し、どんなことをしているのか他人を観察し、何が本当に効くのかを日常的に必死に調べたりしている。
いまや小学生までもがダイエットに過敏になっているのだから、これは紛れもなく女の子の宿命なのだと思う。

私もダイエットには何度も挑戦しているし、それを経て学んだことも多い。その中でも1番苦労した時期の経験を話ししていくこととする。
当時私は大学を卒業後、不動産会社の営業に就職をした。仕事はどれもやりがいがあり、1日1日があっというまで、それこそお昼や夕食抜きで仕事に没頭していた。

そのおかげもあり3年目には大手法人の担当を任せてもらえるまでになった。
その頃から、夜は資産家や取引会社の接待、昼間は賃貸のオーナー様に食事に誘ってもらい、週末は上司と飲みに行くという生活が続いていた。
会社で食事をとることもあったが、急なクレーム、飛び込みの新規客に対応できるよう食事と言えばカップメンか総菜パンである。しかも身についた早食いで食していくのだから、私の身体に異変が表れるまでそう時間はかからなかった。
学生時代なら2~3キ㎏太ったところで、もとの体重に戻すのは簡単だった。少し運動をすればそれで解決できたからだ。

今回は違う。結果から言えば私はおよそ1年で12㎏太った。スーツは9号から13号まで上がったし、食生活はほとんど外食でいつも肌荒れ状態、下着や私服はほとんど入らないうえに、ひどい便秘で最終的に生理まで止まった。
仕事は楽しかったが、女のとしてあまりにも多くのものを失っていることに気づいた。『美容』というよりも『健康』を取り戻すために私はダイエットを決意した。

まずやらなければいけない事はやはり食生活の改善だろう。急に全部は変えられなかったが、出来る事には全力だった。
最初はかなり辛かったが朝30分早く起きてお弁当を作った。もともと料理が好きだったが仕事が忙しくなってからはほとんど使わなくなったキッチンでの作業は楽しかった。

夜はどうしても大事な接待があるとき以外は上司に相談して欠席する時もあったし、女性の取引会社なんかはダイエットを相談するとお店の内容を変え、ダイエットについて、いつもにまして話が盛り上がったりしたものだ。
勿論、残業は続いていたが、なるべく早く上がれるように心がけていた。
休日はそれこそ早起きをして、朝から掃除洗濯買い物など午前中に詰め込み、それが終われば半身浴タイムである。
ほとんどシャワー生活だったが、湯船につかり汗をかくことによって今までの自分の悪かったものが出ていくようで気持ちがよかった。
就寝前は30回の腹筋とスクワットに加え、身体が冷えないようにはちみつしょうが湯を飲んだ。自由に使える時間を増やして私は自分に手をかけ、少しずつ減量に成功した。

私の生活を100%ダイエットに捧げることは出来ない。だから少しでも出来ることがあるならコツコツ努力したし、それが功をもたらし飽きずに諦めずにダイエットに成功したのだと思う。半年で10㎏まで体重を落としたのだ。
ダイエットをする時に意気込みは必要だが、最も大事なことは継続である。特別なサプリや極度の食事制限などではなく、健康を意識した日々の継続こそ、ダイエットに必要不可欠なものであると私は確信している。

ダイエットをするならミスココがオススメでしょう!
飲むだけでダイエットをサポートしてくれます!

ミスココで楽しくダイエット!

内側がダメだとキレイになれない!

美容に1番大切なのは、体の中を良好にすることです。ここをしっかりとクリアしなければ、美しい体なんて絶対に手に入れることなんて出来ません。よく痩せる為には、ダイエットをすればいいや、綺麗な美肌にする為には、高い化粧水を塗ればいいみたいなことを言っていますが、これだけでは絶対に無理です。

確かにやること自体は間違っていませんが、まずは自分自身の体の状態が正常になっていないと効果を発揮することができないのです。では、まず体の内側のどの部分を良くすればいいかというと、それは、肝臓なんです。

肝臓なんて美容に関係ないのではないかと思われますが、実は1番重要なものなんです。肝臓が良いか悪いかで綺麗な体になりやすいかどうかがはっきり決まってしまいます。肝臓というのは、食べ物や飲み物の中に入っている有害物質を無毒化してくれて、体の中から出してくれる効果があります。さらに体に綺麗な血液を送ってくれます。

肝臓が働いてくれることにより私たちの体は綺麗にすることが出来るのです。
しかし、脂っこいものをたくさん食べたり、お酒を大量に飲んでしまうなど規則正しくない生活を続けていると、肝臓の機能が低下してしまいます。すると肝臓は、今までやっていた働きをしなくなってしまうので、体はどんどん悪化してしまいます。

例えば、肌荒れが起こってしまったり、顔色が悪くなってしまったりします。なので、まずは肝臓を強化することをしていってください。肝臓を良くする方法はたくさんあります。食べ物で良くしたいのなら、タコがオススメです。

タコにはタウリンという成分が含まれていて、肝臓の中にある毒素を出してくれる効果があります。お酒を飲むと肝臓でアルコールを分解するので、その働きを助けてくれたりもします。よく居酒屋でタコを使った料理を置いている店が多いのは、これが理由だからなんです。他にも梅干しやアサリなども肝臓にすごく良いです。

食べ物以外でも、きちんと睡眠したり、適度な運動をするようにしてください。

そうすれば、肝臓は強化され、綺麗な体を作り出すことが出来るようになります。

脱毛をお考えの方は⇒脱毛 川口

高い安全性を誇るオーガニック化粧品

元々オーガニックコスメが流行した背景として、オーガニック食材に注目が集まった煽りを受け、食べるものがオーガニック、無添加が良いなら、肌につけるのもオーガニックが良いだろうという安易な流れからここまで広がってしまいました。
しかし、食べてよいものと肌に直接つけてよいものは違います。有機の果物や野菜などをそのまま肌につけてよくなるほど、肌は単純ではありません。特に柑橘類を直接肌に塗るのはNGです。
しかし、多くの人は、「オーガニック=良い」と盲目的に信じてしまっています。

またよく知られていないのが、植物には有害な「植物毒」と言われるものがあります。
植物由来でも、使い方を間違えると、毒にもなりえ、肌荒れの原因になります。
そのため、天然由来成分といってもそれが、本当に良いものか悪いものかは、成分をよく吟味しなければなりません。
特にデリケートな肌につける化粧品を開発する際は、とても高度な専門知識が必要です。もともと肌は、4層にもなる表皮と真皮の二重構造でできており、とても繊細なつくりで出来ています。
そして、そこには200種類以上の常在菌が存在します。この菌が死んでしまうと、吹き出物ができたり、ニキビができたりといった症状が出ます。
そのため、本当に肌に良い化粧品には、この菌を殺さないような成分配合が不可欠です。
しかし、こういった本当に肌によいものという配慮とオーガニックの表示とは、全くイコールではないのです。
もともと化粧品を専門に研究してこなかったアパレル企業やジュエリー企業などが、コスメ業界に進出した際などは、本当に肌に良いものは何かをわからず作っている場合も多くあるので注意が必要です。

また近年、日本の化粧品の規制が緩くなり、肌に有害かどうかを調べる動物実験も不要となりました。
そのかわりに、化粧品は全成分を表記することが義務付けられましたが、実際消費者が難解な化学物質を読み解くことは困難です。
そのため、まさに日本の化粧品は、無法地帯に等しいものがあります。
特に最近では、オーガニックということだけで注目が集まりやすいため、化粧品会社もこぞってオーガニックコスメを売りにしようとしますが、成分を解析してみると、0.1%の有機由来成分とその他大量の化学物質で作られている場合が往々にしてあります。
こういったものもオーガニックコスメとして売り出されているのが実情です。
そのため、日本に出回っているオーガニックコスメは、もはや名前だけで、実態を伴っていないものも多くあるため、オーガニックコスメというだけで飛びつくのはやめましょう。

本当に大切なのは、もとある肌の構造を壊さずに、健やかな状態を保つ化粧品を選ぶことです。
是非、健やかな肌を育てて下さい。

ダイエットは皆さんしていますか?

なかなか痩せなくて辛いダイエット!

ダイエットサポートサプリメントミスココなら簡単にダイエットが可能なんです!

ミスココ口コミについてはこちら!